くら寿司ピンチ!?糖質制限ダイエットメニューで100円回転寿司チェーン店TOP3を比べてみたら圧倒的だった。

スポンサーリンク

100円回転寿司。
みなさんも行きますよね。

無茶と知りながらもダイエットに効果的な糖質制限が、回転寿司でもできるかなって調べてみました。
調査対象は、好きな回転寿司店ランキング(外部リンク)のTOP3である、スシロー、無添くら寿司、かっぱ寿司の3店です。

その結果は・・・

当サイトで糖質制限メニューを紹介しているお店の一覧はこちら

第1位 かっぱ寿司

堂々の第1位は、かっぱ寿司です。
何よりも刺し身を出してくれるのが助かりますね。
汁物も2種類、おつまみ系も揃っています。
サラダが欲しい人はカルパッチョや、わさびなすで代用しましょう。

かっぱ寿司の糖質制限メニュー

※価格などの情報はすべて2015年10月現在のものです。

かっぱの刺し盛り(まぐろ・びん長まぐろ) 194円(税込)
かっぱの刺し盛り(サーモン) 194円(税込)
かっぱの刺し盛り(わさびなす) 194円(税込)

かっぱのエビチリ 324円(税込)
ミニフライドチキンと枝豆の盛合せ 216円(税込)
鶏唐揚げ 216円(税込)
鶏唐揚げ(チリソース) 216円(税込)
かっぱのカルパッチョ 海老・タコ 194円(税込)
かっぱのカルパッチョ とろサーモン・サーモン 194円(税込)
ぶつ切りたこ 108円(税込)
枝豆 108円(税込)

はまぐりの味噌汁 194円(税込)
かにの味噌汁 194円(税込)
特選茶碗蒸し 194円(税込)
かにあんかけ 茶碗蒸し 194円(税込)

キャンペーンメニュー

真いか唐揚げ 216円(税込)
カキフライ 216円(税込)

第2位 スシロー

第2位はスシローです。
汁物が多いですが、その中では魚の赤だし&味噌汁がタンパク質豊富でいいですね。
せっかく寿司屋に来たのですから魚は食べておきたいところです。
食事のメインとなる揚物は唐揚げと天ぷらで2種類あるのも飽きにくくて評価できます。
ダイエット目的で糖質制限されている方はサラダの存在も気になりますよね。
今回調査した3店の中で唯一存在するサラダは、えびが乗っているのでタンパク質もバッチリ。

スシローの糖質制限メニュー

※価格などの情報はすべて2015年10月現在のものです。

魚の赤だし 180円(税抜)
蛤の赤だし 180円(税抜)
あさりの赤だし 180円(税抜)
あおさとあさりの赤だし 180円(税抜)
あおさたっぷり赤だし 180円(税抜)
魚の味噌汁 180円(税抜)
蛤の味噌汁 180円(税抜)
あさりの味噌汁 180円(税抜)
あおさとあさりの味噌汁 180円(税抜)
あおさたっぷり味噌汁 180円(税抜)
茶碗蒸し 180円(税抜)
たこの唐揚げ 280円(税抜)
まるごと海老の柚子こしょう天ぷら 280円(税抜)
アボカドたっぷりえびサラダ 280円(税抜)
だし巻き玉子 100円(税抜)
枝豆 100円(税抜)

第3位 無添くら寿司

私がよく行く回転寿司は、この無添くら寿司です。
味噌汁でノドを湿らせてから、だし巻き玉子とちびころチキンを食べる感じですか・・・。
いか天、えび天もありますが、天ぷらの衣というものは揚げ物の中でも衣が多いので、糖質も高くなってしまうんですよね。
私のように、ゆるい糖質制限であれば気にせず天ぷらを攻めましょう。

ちなみに、前回調査した6月から糖質制限メニューに変化が無いのはこのくら寿司だけでした。
残念でなりません。

無添くら寿司の糖質制限メニュー

※価格などの情報はすべて2015年10月現在のものです。

あさり入り赤だし 180円(税抜)
あさり入り味噌汁【関東・九州・北陸】180円(税抜)
特製茶碗蒸し 180円(税抜)
京風 だし巻きたまご 100円(税抜)
いか天 100円(税抜)
えび天 100円(税抜)
ちびころチキン 100円(税抜)

このラインナップは正直厳しいです!!

さいごに

もちろん、にぎり寿司を注文してシャリを避けるという食べ方が簡単だと思うのですが、今回はあえてそのまま食べられる糖質制限メニューを紹介しました。

私から、無添くら寿司へ行くときのアドバイスを残しておきます。

くら寿司へ行くなら、その日だけは糖質制限をあきらめて、寿司を楽しみましょう。

このページを最後まで読んでくれたあなたはいつも糖質制限をがんばっています。
1日くらい寿司を食べても、また明日から糖質制限を再開して結果を出せるはずですから。

当サイトで糖質制限メニューを紹介しているお店の一覧はこちら

コメント

  1. 無菜 より:

    シャリ残せば、何でも取れるのですが、寿司やは、こりごり

  2. きもたん より:

    無菜さん
    コメントありがとうございます。
    シャリを残すのは心苦しいですよね。
    こりごりとは何があったのでしょうか・・・。