しくみは簡単、知れば納得!糖質制限ダイエットってすごい!

スポンサーリンク

白米の否定は日本の否定。というわけで、糖質制限が広まると食品業界全体のバランスが崩れます。そのためにマスコミも大々的に糖質制限を紹介・推薦することは、ご法度なのだろうと思ってます。私個人の勝手な見解ですが。

そんなダイエット界の地動説に位置付けられる糖質制限のしくみをお伝えします。

糖質のはたらき

基本的に食事をすると血糖値が上昇します。脂質だけを摂れば血糖値は上がりませんがそれは食事と呼べませんよね。

特に白米やパンなど、糖質の多いものをたくさん食べると血糖値が急上昇します。ちなみにタンパク質を摂っても血糖値は上がりますが糖質のそれと比べれば、はるかに少ないです。

甘味料は例外として、ごはんやパンなど糖質性のものを食べるときに強い甘味は感じません。しかし、分解されれば糖分のかたまりです。その糖分が体内に吸収されると血液に運ばれて血糖値が上がるというわけです。

血液内の糖分=血糖は身体を動かすエネルギーになりますが、多すぎても問題があります。

血糖値について

血糖値とは血液内に含まれる糖分の量を表したものであり、血糖値の高い血液はシロップのようにドロドロしています。これでは血液の流れが悪くなり、血管がつまってしまうこともあるでしょう。

また、血流の問題だけでなく、身体全体の糖化も進んでいきます。このように糖質を多く摂ると身体は危険な状態にさらされるのです。

血糖値を下げろ

血糖値の上昇に気づいた私たちの身体は血糖値を下げようとします。血糖値を下げるために膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモン、それがインスリンです。

インスリンはどのようにして血糖値を下げるのでしょうか。インスリンが分泌されると血液内から糖分が回収され、肝臓へと運ばれます。肝臓には糖分を貯め込むことができるからです。

しかし、肝臓に貯められる糖分は多くありません。肝臓に貯めきれなかった糖分は・・・安全な脂肪に姿を変えられて筋肉や内臓のまわりに蓄えられます。

無事に血糖値は下がりました。めでたし、めでたし。

だから糖質は太る

そうです。どれだけ脂質を控えた食事をしていても、糖質が脂肪に変わるので太ってしまうのです。

さらにインスリンの脂肪を蓄えるというはたらきのせいで、脂肪が燃えるのを抑えてしまいます。運動しても痩せにくく、運動もしなければどんどん脂肪を溜め込み太る身体になります。

また、糖質を多く摂った際のインスリンは効果が強く、血糖値が下がりすぎてしまいます。これが血液内のエネルギー不足、いわゆる低血糖症状を引き起こすために食後の眠気、倦怠感に襲われるわけです。

みなさんにも心当たりがあるでしょう。エネルギーは無理矢理に脂肪へ変えられ、肝心な血液内はガス欠状態。運動する気力も奪われてしまいます。

それどころか普段の生活でさえ、疲れて疲れて仕方ないのです。これを解決するための食事法が糖質制限というわけです。

はたして、糖質制限の効果はいかに

糖質制限ではタンパク質と脂質をメインにした食事になりますので、血糖値が上がりにくくなります。そのため、インスリンの分泌は少なくなり、脂肪を貯め込むはたらきが弱くなります。

するとどうでしょう。特別な運動をしなくても普段から脂肪を燃やす身体に変わってゆくのです。また、血糖値が激しく上下しないので、低血糖での倦怠感も解消され、疲れにくくなります。

レッツ糖質制限

糖質制限を始めるためには、何を食べればよいか知っておく必要があります。

糖質が少なく、タンパク質を豊富に含むものとして主に、肉類、チーズ、卵、大豆、納豆、豆腐、ナッツ類が挙げられます。調味料でおすすめなのはマヨネーズです。

ダイエット目的でも摂取カロリーを抑えてはいけません。身体が飢えている状態では糖質制限しても脂肪を燃やしてくれないからです。しっかり食べて、しっかり燃やすのが糖質制限です。

食べるもの、食べる量さえ間違えなければ、我慢することも少なく楽なダイエット法といえます。ぜひ、お試しください。

まずは気楽に♪糖質制限スタートは間食から攻略すべし! をいますぐチェック!

糖質制限で楽をしながら痩せた私がよく食べるもの5点 をいますぐチェック!