糖質制限食 もうコンビニで迷わないおでん その2

スポンサーリンク

もうコンビニで迷わないおでんその1では、とにかくタンパク質の多い、肉・魚介の具材と、とにかくカロリーの少ない、食物繊維が摂れる具材を紹介しました。

今回は糖質の多いものも紹介していきます。

バランスよく選びたいですね。

タンパク質 > 糖質な具材

つみれ

私が好きなおでんです。

苦手な人はとことん苦手。

イワシとかくさいくさいと言われますけどおいしいです。

いわるゆ練り物の中では魚の比率が多く、もっとも糖質が低いです。

厚揚げ・焼き豆腐・がんもどき

ベジタリアンのタンパク源、豆腐です。

がんもどきも中身は豆腐なんです。

厚揚げとがんもどきは、じゅわっとしてよいですよね。

肉詰めいなり・ロールキャベツ

どちらも中身はひき肉なので安心。

おでんで肉を食べられる具材は限られるので覚えておくといいかもしれません。

それにしてもロールキャベツって噛み切れませんよね。

やっぱりナイフとフォークでしょうか。

はんぺん

はんぺんのつなぎって山芋なんですね。

魚のすり身に山芋を練り込んであるので糖質も少なくないですけれど、タンパク質豊富なのでOKだと思います。

糖質 > タンパク質な具材

ここからはタンパク質よりも糖質が多く、糖質制限的にはバランスが悪いです。

ちくわ・さつま揚げ・○○天・○○巻

はんぺんに比べるとつなぎが多いんでしょう。

この中ではウインナー巻や、たこ天など、タンパク質が補強されているものはバランスがいくらか改善されています。

タンパク質の多い他の具材との組み合わせれば、ひとつくらい食べてもいいですね。

もち巾着・ちくわぶ・さぬきうどん

みなさんご存知のアウト具材です。

そもそも、さぬきうどんなんておでんにありましたー?

私は知らなかったです。

これをどうしても食べたいという人は、普段どうしても米・パンを食べたい人ではないでしょうか。

プチ糖質制限の人も食べるのならひとつに抑えたいところです。

いかがでしたでしょうか。

さつま揚げ系がどれもチョイNGというのが痛いかもしれません。

でも、これでもうおでん選びに困りませんね!

ちなみに私のお気に入りは、つみれ・がんもどき・こんにゃくです。
もうコンビニで迷わないおでん その1に戻る

コンビニ関連記事
糖質制限食 もうコンビニで迷わないホットスナック
糖質制限な朝ごはんをコンビニで済ませたい