豆腐は糖質を気にせずに喰らえ。どうせ3割はオリゴ糖だ。

スポンサーリンク

100gあたりの糖質量が1~2gである豆腐。どんな専門家でも豆腐の糖質に気をつけようなんて人はいません。それでも気になってしまうのが糖質制限のプロというもの。

豆腐の糖質がエリストールだったらいいんですけど、そんなことはありませんね。というわけで、豆腐の糖質について調べてみました。

豆腐に含まれる糖質の正体をあばけ

豆腐の糖質は50%以上がショ糖です。じつに残念です。しかしながら、大豆の種類にもよりますが糖質の30~40%はオリゴ糖なのです。市販されているオリゴ糖には大豆を原料にしているものもあるほどです。

糖質1.0gあたりのおよその成分は、

ショ糖(虫歯になるよ):0.6g
スタキオース(オリゴ糖):0.3g
ラフィノース(オリゴ糖):0.1g
ベルバスコース(オリゴ糖):すこし

ということになります。

特に大豆に含まれるオリゴ糖は、他のオリゴ糖よりも少量で善玉菌を増やしてくれます。善玉菌を増やす(悪玉菌を抑える)ことは、お通じ、美肌などの美容効果も期待できますね。もともと糖質が少なくて安心できる豆腐が、オリゴ糖の存在によってさらに揺るぎない安心感をもたらしてくれました。

豆腐に似たものたち

○○豆腐っていろいろありますが、ぜんぜん豆腐じゃないものが多いですね。知らない人もいるかもしれませんので紹介します。

玉子豆腐

これは豆腐ではありません。卵です。とき卵にだし汁を加えたものを蒸して冷やせばできあがります。他の材料を加えれば茶わん蒸しにできるので、自炊で作る時には両方作ると2度おいしいかったりします。

気になる糖質は少ないです。もともと卵はほとんど糖質を含みませんから、だし汁の糖質(砂糖・みりん)によります。だし巻き玉子くらいに思って問題ありません。

ごま豆腐

これも豆腐ではありません。胡麻ペーストをくず粉などのでんぷんで固めたものです。でんぷんを使うので当たり前ですが糖質が高くなります。くるみ豆腐やピーナッツ豆腐も同じ作り方をしますので糖質量は変わりません。

杏仁豆腐

知ってますよね。豆腐じゃないです。あんずの種の中身「仁(じん)」ってのを甘く固めたらデザートになりました。おいしいです。

甘くても糖質が少なければいいんですよね。

ありました。低糖質な杏仁豆腐。

枝豆豆腐

最後になりましたが、これは豆腐です。つぶした枝豆と豆乳を混ぜて固めたものですね。枝豆の方が大豆よりも糖質が多いので、豆腐にしても少しだけ糖質が多くなる傾向はありますが許容範囲といえます。枝豆の方が風味がよいので、好みによって食べ分けるといいでしょう。

いかがでしたでしょうか。これでもう豆腐は怖くないですし、杏仁豆腐も低糖質のものがあるので怖くなくなりましたね。豆腐以外にもオリゴ糖を含んでいる食材は糖質の数値よりも血糖値が上がりにくく、太りにくいです。

ぜひ、活用していきましょう。