糖質制限に失敗した原因ってなんだろう3 体調不良編

スポンサーリンク

糖質制限に失敗した原因ってなんだろう2 体重が落ちない編 からの続き

最後の失敗例です。

  • 体調不良になってしまった。

これはむずかしいところですが、原因はあります。

  • カロリー制限がきつかった。
  • 糖質依存症になっている。

糖質制限は糖質を抑えるものであってカロリー制限をするものではありません。

糖質を脂質・タンパク質に置き換えるようなものです。

今まで、白米とおかずを食べていたのに、白米を減らすだけという食事では失敗してしまいます。

白米を減らした分、おかずの量を増やしたり、おかずの量を減らさなければ、おかずにオリーブオイルをたっぷりかけるなど、総カロリーを変えずに食事の内容を変えていく必要があります。

私の場合、おかずの量は増やさずに、オリーブオイルとマヨネーズでカロリー補っています。

さて、次の原因、糖質依存が問題です

みなさん、小さな頃から白米をしっかり食べるように教えてもらったのではないでしょうか。

私もそうでした。

みなさんの中には炭水化物を摂らないとチカラが出ないと思っているひともいるでしょう。

他にも、筋肉が分解されてしまうなんて話も実際に言われていますね。

しかし、タンパク質をしっかり摂っていれば、筋肉を分解せずとも摂り入れたタンパク質を分解して栄養にしてくれるわけです。

当たり前ですよね。

タンパク質は必要に応じてブドウ糖に変えられ、脂質はケトン体というブドウ糖とは違う栄養になります。

脳に必要なのはブドウ糖なんだ!と主張する人も多いですが、ブドウ糖はタンパク質から作れるじゃないですか。

ですので、糖質制限をすすめている人はタンパク質をしっかり摂りましょうと言っているはずです。

ちなみに、ブドウ糖しか利用できないのは脳ではなく、赤血球ですね。

あ、タンパク質を摂ればいいのか。って思ってもらえれば少しは糖質から離れられますでしょうか。

あとは、糖質依存界のスーパースター、スイーツ依存です。

これってたぶん、誰かに説得されて治るものじゃないと思ってます。

スイーツ依存を治す方法みたいな情報もありますけど、スイーツが好きな人って、スイーツをうまく我慢する方法が知りたいんじゃないんです。

スイーツを食べても太らない方法が知りたいんです。

というわけで、もう低糖質なスイーツを食べ続けてもらうことが平和的な解決だと考えています。

ここからは、ジャンル別のおすすめな低糖質スイーツをご紹介します。

※表記している糖質量は原則としてエリストール、マルチトール、羅漢果などのエネルギーになりにくい糖質を除いています。
※本ページの表記についてのお問い合わせは当サイトのコメントでお知らせください。商品そのもののお問い合わせは各メーカー様へお願いいたします。

ケーキ

やさしい糖質生活ショートケーキを今すぐチェック! 糖質:5.0g/1カットあたり

ロールケーキ

糖質制限 新ふわふわロールを今すぐチェック! 糖質:1.5g/1カットあたり

チーズケーキ

低糖質ベイクドチーズケーキ 6号ホールを今すぐチェック! 糖質:1.0g/1カットあたり

チョコレート

低糖質チョコレート グランポワールを今すぐチェック! 糖質:0.2~0.6g/1粒あたり

プリン

低糖質ぷるぷるプリンを今すぐチェック! 糖質:3.28g/1個あたり

どら焼き

やさしい糖質生活 どら焼きを今すぐチェック! 糖質:4.8g/1個あたり

シュークリーム

低糖質カスタードシュークリームを今すぐチェック! 糖質:2.1g/1個あたり

アイスクリーム

豆乳あいす プレーンを今すぐチェック! 糖質:1.0g/1個あたり

いっそのこと、食事を甘くしちゃう!

ミリカル ダイエットバーを今すぐチェック! 糖質:8.4~8.9g/1本あたり

いかがでしょうか。

スイーツを食べてもいいなら、糖質制限も楽しく続けられそうですね。

糖質制限は自分の好みや今までの食生活に合わせて無理なく続けられれば効果がでてきます。

ぜひぜひあきらめずに少しずつ習慣として取り入れていきましょう。

記事の中でここをもっとくわしく書いてほしい!というご意見がありましたら、コメントでお知らせください。

前記事 糖質制限に失敗した原因ってなんだろう2 体重が落ちない編

親記事 糖質制限に失敗したあなた!やり方を見直してリベンジ!

いろいろなお店の糖質制限メニューも紹介しています。こちらをクリック!