組み込み式の糖質制限でポテチを食べてしまえ!

スポンサーリンク

私の糖質制限におけるモットーは続けることです。

その為には糖質制限を無理せずに楽しむ必要があると思っています。

じつは私、市販のお菓子をけっこう食べてます。

しかし、けっこう食べているというのは”頻度”であって”量”ではありません。

お菓子ってほんの少しだけ食べられるから便利なんですよ。

飴やチョコなんて一口サイズですし、保存がきくものばかりで袋を洗濯バサミで留めておけばいいです。

その反面、米・パン・パスタって一口サイズが無いんですよ。保存するなら冷凍ですね。

というわけで、少量だからこそできる、ポテチの食べ方をご紹介します。

糖質制限が習慣になっている人であれば、体重への影響はほぼありません。

ポテチを食事に組み込んでしまえ!

もともと私は、ゆる糖質制限派なので食事の糖質量なんて計ってません。

実際には1食30~40gくらいでしょうか。

その食事で体重を維持していますので、食事の糖質をさらに減らせばポテチを食べる余裕すらあるんです。

今の世の中にはいろいろな低糖質お菓子がありますが、ポテチは低糖質のものがありません。

こんにゃくチップスや油揚げチップスのような代替品はあってもポテトチップスは低糖質にならないんです。

では、具体的な方法について進めていきましょう。

しっかり糖質制限をするとして、1食の糖質量を巷で言われている20gにしておきましょうか。

糖質20gで食べられるポテチを探してみますと、湖池屋ポテトチップスのり塩 30gがありました。

60円くらいの小さいタイプですね。

カロリー169kcal タンパク質1.1g 脂質10.8g 糖質16.8g なので、あと3.2gの糖質が摂れますね。

糖質・脂質は充分ですので、他に必要な栄養は食物繊維とタンパク質です。

まず食物繊維を摂るには、ほうれん草のおひたし、しいたけ焼きにしてみましょうか。

量にもよりますが1人前で食物繊維が3.0gくらい摂れ、糖質量は1.0gくらいです。

塩分が欲しいかもしれませんが、次の食材が意外にしょっぱいので控えめにしておきましょう。

つづいて、タンパク質を摂るのですが、ここで本命のサラダチキンです。

どのメーカでも1枚あたりおよそ糖質1.5gで、マヨネーズを少し使ってもかまいません。

食べ方としては、塩味の効いたサラダチキンを食べながら、味の薄いほうれん草としいたけで口の中の塩分を調節する感じですね。

そちらの3点を食べ終わったところで、ついにポテチの登場です。

繊維質、タンパク質をしっかりと食べたあとなので、ポテチをゆっくり噛みしめれば30gでも満足感を得られるでしょう。

食べ順ダイエットと共通するところですね。

この食事は総カロリーが450kcalくらいで少し足りないかもしれません。

あなたの体型と相談し、必要に応じてオリーブオイルなどの脂質で調整してください。

次の食事までの時間が短い朝食で食べると負担が軽くなると思います。

このように何を食べるか考えるのは、私の糖質制限における大きな楽しみです。

みなさんも糖質制限が楽しめるとうれしいです。

いろいろなお店の糖質制限メニューも紹介しています。こちらをクリック!