お通じと糖質、どっちをとるの!トウモロコシの役割について

スポンサーリンク

今日もファミレスで糖質制限だ!

(自信満々に) ハンバーグ、単品でお願いします!

そして運ばれた、ハンバーグのとなりには・・・

やあ、また会ったね、ぼくはコーンだよ。ポテトもいるよ。

・・・そうです。

本当の意味でのハンバーグ単品なんてこの世には存在しません(言い過ぎ)。

コーンとポテトなんて糖質制限NG食品の筆頭じゃないか!

コーンなんてそもそも甘いでしょう!

たしかに、栄養バランスを考えた付け合わせには見えませんし、カサ増しにしか見えませんね・・・。

ん、カサ増し・・・?

それだ!

糖質制限におけるカサ増しといえばそう、食物繊維です!

じゃがいもは食物繊維が豊富なんて言われてますし、皮つきであればなおさらです。

コーンにいたっては、まわりの皮がどう考えても消化できそうにありません。

・・・そのまんま出てくるし(汗)。

あ、実際に食物繊維多いですよ。

ハンバーグでは摂れそうにない食物繊維を補うために彼らは熱い熱い鉄板の上でハンバーグに寄り添っているのです。

その姿といえば、ポテトは鉄板に張り付き、コーンはところどころ焦げている。

けなげですね。

全部とはいいません、ひとつずつだけでも食べてあげてほしいです。

コーンなんて水と一緒に飲めば、そのまま出てきますから!

(本当にやるなら1~2粒にしておいてくださいね)

実際、コーンって小さくて噛んでも噛んでも、粒のまんま飲み込んでるの多そうなんですよね。

そうなれば皮につつまれたコーンなんて、お通じの足しにしかならない・・・ってすごくいいじゃないですか。

糖質が多いのはまぎれもない事実なので、基礎代謝に自信のある人は食物繊維を目当てに付け合わせまで制覇するのもいいですね。

ちなみに最近の私、サイゼリヤのハンバーグステーキは全部食べてます。

ごちそうさまでした!

いろいろなお店の糖質制限メニューも紹介しています。こちらをクリック!