糖質制限と有酸素運動がバツグンの組み合わせである理由

スポンサーリンク

脂肪燃焼といえば有酸素運動ですが、運動をはじめてから20~30分たたないと脂肪が燃えないなんていわれていますよね。ところが、糖質制限をしていればすぐに脂肪燃焼が始まるんです。

なぜかといいますと、肝臓や筋肉に余分なブドウ糖が貯まっていないから。ごはんをもりもり食べているひとは貯められたブドウ糖が多く、そちらを優先して使うので、脂肪燃焼が活発になるまで時間がかかります。

糖質制限をしている人は、もともと体内にブドウ糖をあまり貯めていないので、運動を始めてすぐに脂肪燃焼せねばエネルギーがありません。また、脂肪燃焼を抑えてしまうインスリンの分泌が少ないので、脂肪燃焼を邪魔するものは何もないのです。

これは運動に限ったことではなく、摂っている糖質が少なければ、普段から脂肪燃焼によるエネルギーにたよって生活しているので糖質制限は痩せていくんですね。

いつもいつも脂肪燃焼している体だからこそ、少しの運動でもガンガン脂肪が燃えて無くなっていくわけです。糖質制限をしている人は運動をしなくても痩せますが、軽く運動すれば今まで以上にすごく痩せるといえます。

特におすすめなのは糖質制限で痩せてきたけど、いまいち体重が減らなくなってきた停滞期の人です。糖質制限と運動の組み合わせで停滞期なんて、ぶっとばしてやりましょう。