ルール無用の糖質制限 第1話~糖質と眠気のシーソーゲーム~

スポンサーリンク

トシオ よしっ、午前中の仕事は順調そのもの!今日の昼は何を食べようかなー。

彼は佐藤トシオ。身長168cm体重70kg。中肉中背と言えなくはないが脇腹のはみ出た肉は隠せない。彼の悩みは少ないが、昼食後にひどく眠くなることは仕事をする上で少々不便であった。

~午後~
トシオ ・・・眠い。午後はやはり眠い。おなかいっぱいだから仕方ないのだろうけど・・・。

糖制マン グルコーススパイクだな。

トシオ ・・・へ?グルコ・・なんです?って、アンタ誰だよ!警備員さーん警備員さーん!

糖制マン 私は糖質制限の使者、糖制マンだ。この会社の一日社長に任命されている。もう一度言おう、その眠気の原因はグルコーススパイクだ。

グルコーススパイクとは

血糖値が急激に上がり、その後に急降下する一連の動きを「グルコーススパイク」という!
その原理は以下の通り。

食事や甘い飲み物などで糖質を多くとると、血糖値が急上昇し高血糖になる。高血糖は危険なのでインスリンというホルモンが血糖を下げてくれるわけだが、血糖が上がりすぎた場合にはインスリンの量も多い。

その結果、インスリンの力で血糖が下がりすぎてしまう。このようにして「グルコーススパイク」は起こっているんだ!

血糖は体をめぐる大事な栄養。正常値よりも血糖が下がり、栄養が回ってこなくなった脳は当然、正常な活動ができなくなる!眠気や倦怠感が起きてしまうんだ。そう、午後の仕事がだるいのは糖質のせいだったのだ!きみたちの精神力が足りないわけではない!

トシオ 一日社長なんて聞いてないぞ・・・。

糖制マン きみは食後にいつも眠いのは仕方ないと思っていないか。

トシオ まぁ・・・そうですね。誰ってごはんを食べたら少しは眠くなるでしょう。ぼくはその眠気が他の人より強いだけでしょう。

糖制マン それは違うな。糖質を多く摂るとグルコーススパイクが起こる。グルコーススパイクが君の意識レベルを下げているんだ。

トシオ 糖質・・・。グルコーススパイク・・・。

糖制マン きみは白米が好きだな。大好きだな。

トシオ えぇ、好きですね。(なんで大好きって言い直したんだ。大好きだけど。)

糖制マン 糖質のかたまりである白米を主食にしている限り、一生この眠気と付き合っていくことになるだろう。

トシオ 白米なんて関係ないでしょう。ごはんをお腹いっぱい食べれば眠くなる、これが自然の摂理です!

糖制マン 自然の摂理か・・・。人間が稲作が始めてから1万年が経った。しかし、300万年とも言われる人類の歴史から比べれば最近の話だ。人間の体はまだ米を食べる事に適応しきっていない。自然の摂理でいえば、食事は米ばかりに頼るべきではない。

トシオ 適応していないって、何が起こるっていうんですか。

糖制マン 行く末は糖尿病だ。

トシオ それって、カロリー摂りすぎで太る人がなる病気ですよね。白米は高カロリーじゃないから問題無いんじゃないですか。

糖制マン 太る原因はカロリーではない、ましてや脂の多いステーキなどは痩せるのに必要といえるくらいだな。糖尿病の原因も太る原因も、どちらも糖質なんだ。

トシオ 糖質って、炭水化物とかのアレですよね。甘いものが太るってのは知ってますけど、ステーキで痩せるなんてさすがに無理があるでしょう。

糖制マン 太るメカニズムを知れば分かることだ。糖質だけで太ることは簡単だが、脂質だけで太ることは難しい。・・・おっと、トレーニングの時間だ。また会おう、サラバだ。

トシオ トレーニング?一日社長の仕事はどうなってるんだろう。・・・それにしても食後の眠気が無くなるなんてね、夢物語さ。

食後の眠気、肥満の原因が糖質であることが告げられたトシオ。

そんなトシオに迫りくる糖質制限の使者たち。

はたして、トシオは食後の眠気から解放されるのか?

次回、ルール無用の糖質制限 第2話。
「白米はデザート」

リパーゼが輝くとき、きみの脂肪は爆炎を上げる!

第2話「白米はデザート」を読む

コメント

  1. afemaru より:

    糖制マン……ゴクリ……

    • きもたん より:

      afemaruさん
      コメントありがとうございます。
      糖制マンの活躍にご期待ください!